農林水産業
農業

   徳島県は、温暖な気候と、吉野川沿いの平野を中心とした恵まれた自然環境を活かし、野菜では、「なると金時(※さつまいものこと)」、「にんじん」、「れんこん」、果樹では「みかん」、「すだち」、「なし」などの生産が盛んです。

   花では、洋らん類、チューリップやユリなどもたくさん栽培されています。

   徳島県では、環境に優しい農業や安全・安心な農産物を消費者に食べていただくための取り組みを進めています。

   また、「とくしまブランド」の農林水産物を全国に広めるため、大型トラックを改造し、キッチンやステージなどを備えた「新鮮 なっ!とくしま」号によるPR活動を全国で行っています。

ふかしいも
なると金時
すだち
すだち
なっとくしま
なっ!とくしま号
畜産

   徳島県では、酪農、肉用牛、養豚、養鶏の畜産業がさかんです。また、地鶏の出荷羽数日本一の「阿波尾鶏」のほか、「阿波牛」・「阿波ポーク」の3つのブランドが有名です。

   生産された畜産物は、そのまま消費されるだけでなく、さまざまに処理・加工され食卓を彩っています。

阿波牛
阿波牛
阿波尾鶏
阿波尾鶏
阿波ポーク
阿波ポーク
林業

   徳島県では面積の4分の3が森林で、その約半分でスギの木が植えられています。スギの木は、家を建てたり、家具の材料として使われています。森では、キノコや山菜の生産も行われています。また、森は、二酸化炭素を吸収したり、水を蓄えたり、土砂崩れを防いだりと、私たちの生活に役立っています。

林業
スギの林
林業
林業の現場
林業
スギを使った
木造住宅
漁業

   徳島県は、瀬戸内海、紀伊水道、太平洋と性質の異なる三つの海に面しており、古くから、底びき網、定置網、パッチ網、一本釣、はえ縄、海士などの沿岸漁業が盛んで、マダイやシラス(チリメン)、ハモ、アワビ類など、様々な魚介類を漁獲しているほか、ハマチやワカメ、ノリ類などの養殖業も盛んです。

   また、吉野川をはじめとする河川でもアユ漁などが行われているほか、豊かな地下水を利用したアユやウナギなどの養殖業も盛んです。

はも
ハモ
わかめ
鳴門わかめ
水産
パッチ網による
シラス漁
ハモのほねきりはたいへんだよ