企業局まめ知識

企業局お役立ち情報

企業局に関するお役立ち情報を、質問形式でご紹介いたします。

勝浦発電所

勝浦発電所は、洪水調節、かんがい、工業用水及び発電等の多目的ダムとして建設した正木ダムの水を取水し発電するも ので、昭和52年5月一部運転を開始、昭和52年11月全運転を開始しました。最大出力11,300kW、常時出力770kWのダム水路式発電です。ま た、発電所の運転方法は、勝浦川の流量の少ないときはピーク発電となるため、勝浦発電所に設置されているダムゲート自動制御装置により、発電所の下流約 450m地点にある棚野ダムゲートを制御し、勝浦発電所からの放水を逆調節することにより、下流の水位変動を緩和しています。

勝浦発電所完成直後(s52.5月)
【勝浦発電所完成直後(S52.5月)】
勝浦発電所(h21現在)
【勝浦発電所(現況)】
変電所
【変電所】

工事計画

勝浦発電所の目的

勝浦発電所は「勝浦川総合開発事業」の一環として建設されたもので、同開発事業は、多目的ダムの正木ダムを築造して洪水被害を防ぐ治水、かんがい、工業用水などを供給する利水とともに、ダム下流に勝浦発電所を設けて発電するのが目的の事業です。

また、当発電所は勝浦川水系唯一の発電所で、県営発電所としては第4の発電所であり、開発事業の社会的・経済的効果は大きく、県民期待の事業でした。

計画の概要

正木ダム下流の勝浦郡勝浦町大字棚野に勝浦発電所を建設し、夏期360万m3、冬季1,060万m3の貯水量を利用して最大出力11,300kW、年間5,200万kWの発電を行う計画でした。

発電に使用する水量の算出に当たっては、四国地方の電力使用量ピーク時間や下流用水補給量などを考慮し、経済効果、発電効果の高い水量として10.0m3/sを決定しました。

建設工事

勝浦発電所は、正木ダムの建設と並行して昭和48年から建設工事を実施、ダムの湛水を開始した翌月の昭和52年5月11日から発電を開始しました。これはダム本体竣工式に先立つ3か月前のことでした。

同発電所の工事は、ダムの直上流右岸(上勝町大字正木字古請14-1)に設けた取水口から導水する内径2.36m、坑長6,097.5m、動水勾配1/582の馬蹄圧力隧道を建設し、ダム取水点から約3kmの立川谷で立川の水(最大取水量3.0m3/s)を自然流下方式によって取水・合流させて勝浦町大字棚野字立川口まで導水する設備としました。立川取水は、土砂を沈殿させる沈砂池、気泡除去室を経て本水路(圧力隧道)に接続しました。

また、水車・発電機などを備える発電所施設の基礎工事は、従来の地盤よりも最大掘削高14.0mをオープンカットし、岩着させる方法で実施しました。

建設費用

約44億9千万円(電気事業者分)

棚野ダム

棚野ダムは、高さ8.5m、頂長56.9m、幅3.0mの水位調整ゲートと幅28.0mの洪水吐ゲートを持つもので、昭和52年5月に完成しました。また、同ダムの完成によって川がせき止められ、生息するモズクガニが遡上できなくなったため、その生態系を守るため国内でも珍しいカニ専用魚道を平成7年度に設置しました。

専用魚道は、ダム正面をまたぐ形で下流へ31m、上流へ11m、幅1mの橋状となっており、魚道には水流を弱めるため仕切り30個余を設けてマス状としているほか、自然の川に近いように石を埋め込み、遡上するカニの休息や外敵から守る工夫を施し「カニにやさしい環境」 になっています。

棚野ダム右岸側ピア施工中(s50頃)
【棚野ダム右岸側ピア施工中(S50頃)】
棚野ダム洪水吐ゲート据付状況(s52頃)
【棚野ダム洪水吐ゲート据付状況(S52頃)】
棚野ダム完成直後(s52.5月)
【棚野ダム完成直後(S52.5月)】
カニ専用魚道設置(h7年)
【カニ専用魚道設置(H7年)】