企業局まめ知識

企業局お役立ち情報

企業局に関するお役立ち情報を、質問形式でご紹介いたします。

土地造成事業

活力ある産業活動の展開を通じて、地域の発展と県民の福祉に寄与することを目的として企業立地に必要な様々な条件を確保できる工業用地を造成し、企業誘致の「受け皿づくり」を行っています。

本県の土地造成事業は、昭和43年に知事部局より事業の移管を受けてから現在までに臨海部で1地区、内陸部で5地区の合せて約182haの工業用地の造成事業を実施しています。

 

 

地区名(所在地) 造成年度 造成面積 工業用地
面積
処分済面積
(進出企業数)
未処分
用地
処分率
徳島西部地区工業用地 三好地区工業用地
(三好市)
昭和43年

昭和44年
16,529㎡ 16,529㎡ 16,529㎡
(1社)
-㎡ 100%
美馬地区工業用地
(つるぎ町)
昭和43年

昭和45年
31,140㎡ 30,169㎡ 30,169㎡
(1社)
-㎡ 100%
鴨島中央工業団地
(吉野川市)
昭和48年

昭和58年
136,797㎡ 122,010㎡ 122,010㎡
(4社)
-㎡ 100%
土成工業団地(阿波市) 昭和59年

昭和62年
198,312㎡ 165,352㎡ 165,352㎡
(8社)
-㎡ 100%
辰巳工業団地(阿南市) 昭和43年

平成9年
1,259,474㎡ 1,170,016㎡ 1,170,016㎡
(6社)
-㎡ 100%
西長峰工業団地(阿波市) 平成元年

平成4年
182,721㎡ 122,525㎡

※ 122,525㎡
(3社)

進出予定1社

-㎡ 100%
合計 - 1,824,973㎡ 1,626,601㎡ 1,626,601㎡ -㎡ 100%

 ※リース貸付分29,791m2含む

 

 

三好地区工業団地(事業費:3,000万円)

【三好地区工業用地完成当時

(事業費:約3千万円)】

美馬地区工業団地(事業費:1億100万円)

【美馬地区工業用地完成当時

(事業費:約1億円)】

鴨島中央工業団地(事業費:18億2,900万円)

【鴨島中央工業用地完成当時

(事業費:約18億3千万円)】

土成工業団地(事業費:24億2,200万円)

【土成工業用地完成当時

(事業費:約24億2千万円)】

辰巳工業団地(事業費:143億7,100万円)

【辰巳工業用地完成当時

(事業費:約143億7千万円)】

西長峰工業団地(事業費:20億7,100万円)

【西長峰工業用地完成当時

(事業費:約17億円)】