企業局まめ知識

企業局お役立ち情報

企業局に関するお役立ち情報を、質問形式でご紹介いたします。

川口ダム

川口発電所全景
【川口ダム】

川口ダムは,那賀川の上流にある日野谷発電所で発電した水を逆調整するための利水ダムであり,ダム下流の水位変動を緩和するとともに川口発電所で発電を行います。昭和60年度に、ダムゲート制御装置を設置して、ダム地点の流入量に即応したゲートの開閉操作ができるようになっています。

 

 

諸元

 
【ダム】
ダム形式 直線重力溢流コンクリート
堤頂長 182.5 m
堤高 30.0 m
堤体積 53,500 m3
ゲート種類 ローラーゲート
ゲート数 6門
ゲート寸法 高さ13.8 m×幅13.0 m

 

【貯水池】
流域面積 657.3 km2
全容量 6,463,000 m3
有効容量 950,000 m3
満水位標高 95.0 m
利用水深 1.5 m
満水時湛水面積 0.87 km2
 

 

ダム管理施設

管理所・・・ダムを管理する管理棟で,操作室には管理設備が設置されています。
水位局・・・テレメータで管理所へ水位データを送る施設です。
雨量局・・・テレメータで管理所へ雨量データを送る施設です。
警報局・・・ダムからの放流を知らせるために那賀川沿いに21箇所設置されています。
 
 
 
 

 

ダムのしくみ

ダムってなに?←クリック
ダムの役割等についてわかりやすく紹介します。
 
 
 
 

 

ダム設備と周辺の風景

 
【浮きゲート】
全国的にも珍しい浮きゲートです。
浮きゲートは6門ある洪水吐ゲートの塗装や補修などを実施する際に使用する予備ゲートであり,
必要時にはゲート内に空気を入れて水面に浮かせ,作業船で調整池内を曳行し,
洪水吐ゲート前でゲート内に水を入れ,直立させた状態で戸溝に挿入して使用します。
通常時はダム湖上流に保管されています。
 
 
 
 
【ゲート放流】
放流量が比較的少ない場合は1門だけ開門して放流を行います。
 
 
 
 
 

 
【台風通過後の放流状況】
2011年9月の台風通過後の放流状況です。
 
 
 
 
 
 

【四季折々のダム湖】
季節ごとに違う顔を見せ,訪れる人の目を和ませてくれます。
 
【春のダム湖】
 
 
 
 
 
【夏のダム湖】
 
 
 
 
【冬のダム湖】
 
 
 
 
 
 

施設見学

 川口ダムでは,平成22年度より広報活動の一環として施設見学会を実施しています。
この見学会は,企業局が実施している事業やその取り組みを県民の皆さんに広く知っていただくとともに,「地球に優しいクリーンエネルギー」である「水力発電」や「風力発電」の仕組みを実際に見学していただき,エネルギーや環境について関心の芽をはぐくんでいたくことを目的としています。
 
 

 

見学会の実施施設
川口ダム
川口発電所
小型風力発電設備
 
 

 

見学会の実施日,見学対象者及び申し込みはこちら
 
 

 

 

川口ダムカードを配布しています

 四国の県営のダムとしては,めずらしいダムカードです。

 
 みなさん、お気軽にお立ち寄りください。
 
※お越しいただいた時の在庫の状況によりお渡しできない場合は、後日郵送します。
 
 
 

  

 

  

   配付場所
 
     徳島県那賀郡那賀町吉野字イヤ谷72-1 [地図]
        総合管理事務所ダム管理課(川口ダム)          
 

 

    注意事項 

  
     ○川口ダムに来られた方に無料で差し上げます。
     ○配布は,お一人様1枚限りです。
     ○配布時間は,平日(月~金曜日)の午前9時から午後5時までとなります。
     ○緊急の業務等で,配布できない場合もありますのでご了承下さい。
 
 ※国土交通省及び独立行政法人水資源機構管理ダムで配布しているカードと配色等の仕様が異なります。