企業局まめ知識

企業局お役立ち情報

企業局に関するお役立ち情報を、質問形式でご紹介いたします。

「徳島県企業局経営計画」について

 

1.計画策定の背景

 企業局は、平成15年度を初年度とする10年間(平成24年度まで)の「長期経営計画」を見直し、平成21年3月策定した平成21年度を初年度とする5年間(平成25年度まで)の「徳島県企業局経営計画」に基づき、安定的かつ効率的な経営を進めてきました。
 しかしながら、平成23年3月に発生した東日本大震災を契機として、国のエネルギー政策は大きく方向転換し、太陽光や風力などの自然エネルギーを活用した電力供給が注目されるとともに、発送電分離や電気料金制度の見直しなどが進められています。
 また、徳島県においても、こうした流れを受け、「徳島県南海トラフ巨大地震等に係る震災に強い社会づくり条例」の制定、「自然エネルギー立県とくしま推進戦略」の策定など地震対策やエネルギー対策を他県に先駆けて強化してきたところです。
 一方、経済面においては、平成20年9月のリーマンショック後の長引く景気の低迷も回復の兆しが見られるものの、依然として企業の設備投資は低迷ぎみで推移しており、本県においても、まだまだ実感が湧くに至っていません。
 こうした社会環境の変化に対応し、企業局が「安定供給の確保」、「効率的経営の推進」及び「社会貢献の推進」をしていくためには、耐震化・老朽化への早急な対策や自然エネルギーへの更なる取組が急務となっています。
 そこで、民間経営者等による「戦略的経営推進委員会」での意見も踏まえ、新たな「徳島県企業局経営計画」を策定することとしました。
 

2.計画期間

 平成25年度から平成28年度までの4年間

 

 

  徳島県企業局経営計画の本文は、こちら をクリックしてください。

 

    計画策定に当たり実施したパブリックコメントの結果は、こちら   

 

3.進捗状況及び評価

 

  「行動計画」の平成25年度進捗状況及び評価は、こちら一覧表)   

  「行動計画」の平成26年度進捗状況及び評価は、こちら一覧表)   

 

徳島県企業局「戦略的経営推進委員会」

 新たな経営計画の策定に当たり、民間の経営感覚を計画に反映するとともに、今後の運営に活かすために設置した「戦略的経営推進委員会」を開催しました。

 

  会議内容はこちらへ 

 

徳島県企業局事業のあり方懇話会

 平成19年度から平成20年度にかけ、企業局が実施している事業について、今後のあるべき姿を調査研究するため、「徳島県企業局事業のあり方懇話会」を開催しました。

 

 

  会議内容はこちらへ

 

 

 

 

お問い合わせ

企業局経営企画戦略課
経営戦略担当
電話:088-621-3256
ファクシミリ:088-621-2877