あわのたからばこ

徳島の文化を考える
本当の豊かさとは何だろう

阿波藍の魅力

阿波藍の歴史を再考

 

吉田家住宅
吉田家住宅(美馬市:うだつの町並み)

県内を東西に流れる清流・吉野川は、その昔は、台風が来るたびに洪水を繰り返す「暴れ川」でした。しかしその氾濫によって流域には肥沃な土が運ばれ、藍作を可能にしました。このため阿波藍は、吉野川の豊かな恵みのたまものとも言われています。
また、染料の基となる、すくも作りの技術改良により、徳島のすくもは全国の染料市場を独占し、「藍と言えば阿波、阿波と言えば藍」といわれるほど、藍は徳島を代表する産物となり、徳島に多くの富と文化をもたらしました。
吉野川流域には、藍に関わる歴史文化遺産が数多く残されています。すくも作りの様子が今日でもうかがえる石井町の田中家、藍商人にゆかりのある美馬市脇町うだつの町並み、多くの藍に関する古文書が残る、藍の豪商であった松茂町の三木文庫。
これらは、11月5日から4日間開催される阿波藍国際研修会の中でも現地見学を実施する予定となっています。皆さんも、藍によって繁栄したかつての徳島に思いを巡らせ、阿波藍の歴史と文化について再考してみてください。

 

第13回徳島県文化祭スペシャルコンサート
「もっと身近にクラシック」開催
本年10月、文化の秋に彩りを添える、東京交響楽団(指揮・秋山和慶氏)出演によるスペシャルコンサートを開催いたします。共演は「第1回徳島音楽コンクール」グランプリ受賞者の寺内詩織さん(ヴァイオリン)と佐々木綾子さん(ピアノ)、そして、国民文化祭を機に誕生した「徳島交響楽団ジュニアオーケストラ」という、次代の「あわ文化」の担い手の皆さんです。文化をより身近に感じられる本公演の開催に、どうぞご期待ください。
日時:平成22年10月10日(日)19時開演
場所:徳島文理大学むらさきホール
この事業は、宝くじの普及広報事業費により 実施しています。

 

皆さんのご意見やご感想をお寄せください!

とくしま文化振興課 〒770-8570(住所不要)

電話088-621-2256 FAX088-621-2819