全国屈指のブロードバンド環境と優秀な人材を活かしていきたい。

株式会社ダーウィンズ代表取締役社長
中野正幾さん

「歓迎されている」という安心感がある

昨年10月、札幌市に続いて2カ所目となるコールセンターを徳島市内に開設しました。通販市場の成長に伴い、業務の拡大を目指したためです。

徳島以外にも、四国各県や九州など、いくつかの候補地がありました。私が徳島出身だったことも理由の一つですが、何よりも大きかったのが、県、徳島市の企業誘致に対する熱意です。

地元の経済状況をはじめ、入居先の候補地や、県、市からの支援内容などを分かりやすく提示していただきました。入居先の視察まで同行していただくなど、あらゆる面で「歓迎されている」と感じることができたんです。私の中にも「一緒にやりたいと思ってくれるところと気持ちよくやりたい」という思いがあったため、数ある候補地の中から徳島を選びました。


来年中には200人を雇用したい

徳島では主に通販企業の受注業務を行っていますが、全国各地のお客様へのご対応や、東京本社や札幌とのデータのやり取りなどに、高速ブロードバンド環境は欠かせません。

光ファイバー網が整備され、全国屈指のブロードバンド環境が整っていることは魅力的ですね。

現在では42名のスタッフが働いていますが、今年中には雇用を100名まで増やし、来年中には200名程度まで拡大したいと考えています。徳島県民は真面目で人柄も良く、優秀な人材を確保する意味でも大きなメリットを感じています。

東京周辺よりもローコストで運営でき、人材の獲得競争にも巻き込まれないという地方の特長を活かしながら、スタッフとともに徳島の経済を元気にしていきたいと思っています。



雇用創出効果が高いコールセンターは、多様な働き方ができるため人気の職場となっています。