国際戦略・広域行政の展開

とくしま・中国グローバル戦略の展開

経済サミットの様子

友好条約の締結の様子

徳島県は中国上海市に開設した「上海事務所」を中国全土をも視野に入れた「中国の事業拠点」として、「企業の販路開拓支援」や「観光客誘致」等を柱とする、とくしま・中国グローバル戦略を展開しています。

また、東日本大震災の影響により中国からの訪日旅行が停滞しているなか、平成23年7月22日には、とくしま経済飛躍サミットを上海で開催し、訪日観光客の誘致をテーマに、パネルディスカッションを行い、本県観光の安全性と、その魅力を中国全土に向けて発信しました。

さらに平成23年10月24日には、「新・日中友好・21世紀委員会」立ち合いの下、日中両国の「国家外交行事」として湖南省政府と友好提携の調印を行い、現在、 経済、医療、教育など、様々な分野において積極的に交流を展開しています。

関西広域連合での取り組み

ビジネスマッチングの様子

徳島県は関西広域連合の様々な分野において、 重要な役割を荷っています。

広域医療連携

(広域的なドクターヘリの配置・運航、広域救急医療体制充実の仕組みづくりなど)

広域防災

(広域応援体制の強化、広域応援訓練、防災分野の人材育成など)

広域産業振興

(産業クラスター連携、公設試験研究機関の連携、合同ビジネスマッチングなど)