現行事業の自己点検とは

 

徳島県においては、現行事業の事業効果を徹底的に検証し、真のゼロベースでの視点で見直しを行い、各施策の取捨選択、重点化に積極的に取り組んでいます。

 

成果重視の行政運営を確立し、総合的に行政サービスの質の向上を図るとともに、「行政運営の透明性の確保」、「効果的で効率的な執行」、「職員の政策形成能力の向上」をも目的として、現行事業を見直すこととしています。

 

各部局が自ら、予算編成に入る前段階として、必要性、目的妥当性、有効性・効率性などの観点から、自己点検を行い、来年度の予算編成等に活用いたします。

 

現行事業の自己点検システムの概要
※画像をクリックすると拡大図が表示されます。
取組み結果について