ゆず栽培の6月の管理について

2015年5月29日

 

 

  〔黒点病防除〕

   
    ○病原菌は枯れ枝上で繁殖し、雨滴によって飛散します。

    ○梅雨期間中は重点的に防除します。

    ○ポイントは降雨前(積算降雨量200mm以上または1ヶ月間隔が目安)に防除を行うことです。

 

 

  〔施 肥〕

  

    ○6月下旬に窒素成分量で10a当たり10.5kgの施肥を行います。

 

 

  〔乾燥防止対策〕

 

    ○梅雨明けの急激な乾燥は、葉の萎凋による光合成の低下を招き、果実肥大を抑制

            させることなどから、7~8月の高温乾燥期に樹冠下に敷き草やかん水を行い、

            乾燥防止に努めます(乾燥が長く続くようであれば、7日おきにかん水します)。

 

 

関連ワード

お問い合わせ

阿南農業支援センター
電話:0884-24-4679
ファクシミリ:0884-24-4308