地域内流通の推進

地域内流通の推進

2011年3月31日

目的 : 地域内流通システムの構築支援

 

観光業や学校給食等と農業が連携することにより、地域で生産される農産物を食材として利用する地産地消を推進し、地域農業の活性化を図る。このために、JA等が主体となった、地域内流通システムの構築を支援する。地域内の時期別の需要・生産状況を調査し、需要に応じた生産体制が確立できるよう支援する。

 

活動経過 : 地産地消体制の確立のために

 

1)学校給食における地産地消の推進を図るため、JA阿波みよしと三好市教育委員会による検討会を開催しました。
2)周年生産・供給体制の確立を図るため、「JA阿波みよしふれあい産直市」の会員に対して、農作物栽培技術や農薬の適正使用等の講習会を実施しました。
3)需要の多いニンジン、ジャガイモについて展示ほを設置し、需要に対応できる生産体制づくりを支援しました。

 

成果 : 地域内流通のシステム化

 

1)JA阿波みよしふれあい産直市内に地域内流通センターが設置されました。
2)地域内流通における取扱品目が増加しました。
3)「ふれあい産直市」から、三好市井川・井内学校給食センター、東みよし町学校給食センターにも野菜等の納入が拡大され、5ヶ所の給食センターへ供給されるようになりました。

 

地域内流通の推進1 地域内流通の推進2