直売所の活性化

直売所の活性化

2011年3月31日

目的 : 直売所を通じた中山間農業の活性化

 

消費者や学校現場における地産地消・食農教育の推進に対する気運の高まりを受け、地域に点在する小規模な直売所の連携促進や新たな取り組みにより、活性化を図り、中山間地域の小規模農業の活性化を支援する。

 

活動経過 : 直売所の活性化に向けて

 

1)運営状況の聞き取り調査を実施し、各直売所の課題を把握しました。
2)美馬・三好産直市連絡会の結成を支援しました。
3)「みま・みよし産直市マップ」の作成により、高速道路上限千円等も活用し、県内外に広くPRしました。
4)にし阿波の産直市まつり、スタンプラリーの開催や直売所独自のイベント開催を支援しました。
5)農薬の適正使用、野菜栽培講習会、JAS法等食品表示の研修会、女性起業家の育成支援や商談会への参加等、販路拡大を支援しました。

 

成果 : 直売所の活動発展

 

1)新しく開設された直売所が積極的に管内の連携組織「みま産直市連絡会」に加入するとともに、より広域の「美馬・三好産直市連絡会」を結成(H21.8.7)し、直売所間の連携強化を図ることができました。
2)にし阿波の産直市まつり・スタンプラリーでは、県内外から多数の参加者があり、産直市のPRができました。
3)産直市等で販売する起業グループや個人の活動が活発になっており、新しい魅力ある商品が開発される等、全体の売上額が年々増加しています。

 

地域内流通の推進1 地域内流通の推進2