露地すだち 3月の管理

露地すだち 3月の管理

2016年3月4日

1.防寒被覆の除去

 防寒を行った園では寒さの心配が無くなりしだい、暖かく、風のない日に除去する。

 

2.間伐

 密植園では計画的に間伐を行う。

 

3.整枝・せん定

 裏年園はせん定時期を遅らせ、間引きを主として行う。

 

4.定植及び移植 

 根を乾かさないように、注意して運搬する。

 根を出来るだけ広げてやり、深植えにならないように注意する。

 定植後はかん水し、支柱を立てる。

 

5.病害虫防除

 12月にマシン油乳剤を散布できなかった園では、発芽前にマシン油乳剤(97%)80倍液を散布する。

 マシン油乳剤とボルドーは、散布間隔を14日以上あける。

 

6.かいよう病

 銅剤を散布する。

 被害枝を除去し、園外に排出する。

 

7.春肥の施用

 2月中旬から3月上旬に,窒素成分で,10アール当たり7kgを施用する。

お問い合わせ

徳島農業支援センター
農業支援第一担当,徳島ブランド推進担当
電話:088-626-8771
ファクシミリ:088-626-8739