細ネギ (ハウス) 5月の管理

細ネギ (ハウス) 5月の管理

2017年4月28日

1. 栽培管理

 

    ・ 日差しも随分強くなってきているので、灌水は、量を増やすとともに、特に、播種前後には

   散水ムラが生じないようにしましょう。

 

 

2. 病害虫防除

 

   1) 害虫 

 

   ・ ネギアザミウマ、 ハモグリバエ、 ハダニ、 等の発生が認められる頃です。

   ・ 今後の栽培のためにも、防虫ネットの利用。初発防除の徹底により、個体数を増やさないよう努めましょう。

 

 

 2) 太陽熱土壌消毒

 

  ・ ネギアザミウマ、 ハモグリバエの蛹は土壌表面や土壌中にいます。

  ・ そこで、透明ビニール等で土壌表面を覆い、土壌高温処理による熱殺も害虫防除に効果的です。

  ・ 太陽熱土壌消毒をする際は、元肥施用後、播種用の畦を立ててから、ビニール被覆するといいです。

       (温度が上がりにくい地下部分の土壌を動かさずに播種可能なため)

 

  ・ ハウスを閉め込んで、ビニール被覆すれば5月の日差しで十分地温が上がります。

  

関連ワード

お問い合わせ

美波農業支援センター
海部プロジェクト担当
電話:0884-74-7412
ファクシミリ:0884-74-7377