レタス 10月の管理について

レタス 10月の管理について

2015年10月5日

1 育苗
 ・冬どり品種を計画的には種する。
 ・台風時には,育苗ハウスの被覆資材の固定を確認する。

 

2 本ぽ
 ・土づくりとして,サブソイラ等による心土破砕やたい肥の施用を行う。
 ・作付け前には土壌分析を行い,適正量の石灰資材を施用する。
 ・高畦や排水路整備など大雨時の排水対策に努める。

 ・厳寒期の大玉生産のため,3条植えとする。
 ・本葉3~4枚の若苗を定植する。定植後はかん水して,活着を促進させる。

 ・土壌の乾燥状態が続く場合は,暖かい日の午前中に畝間かん水を行う。

 ・ハスモンヨトウ等の発生に注意して,防除を行う。

関連ワード

お問い合わせ

吉野川農業支援センター
吉野川ブランド推進担当
電話:0883-26-3983