いちご栽培の10月の管理について

いちご栽培の10月の管理について

2016年9月29日

 

 

(1) 定植後1~2週間の潅水は、少量多潅水でクラウン部を常に湿潤状態とし、

   一次根の発生を促します。摘葉は行わず、葉数を確保します。

 

(2) ビニールで被覆するまでに、うどんこ病、ハダニ、ハスモンヨトウ等病害虫を

   徹底防除しておきましょう。

 

(3) 1番花の開花始め頃が腋花房分化になるので、2番花芽分化後(10月下旬頃)

   にビニールで被覆します。

 

(4) 被覆後7~10日間は終日十分換気します。

 

関連ワード

お問い合わせ

阿南農業支援センター
電話:0884-24-4679
ファクシミリ:0884-24-4308