ハウスすだち栽培の10月の管理について

ハウスすだち栽培の10月の管理について

2016年9月29日

【12月加温】
1 土づくり
 有機物を施用して全面を軽く中耕し,土壌を膨軟にして地力をつけましょう。
 ハウス内の土壌は腐植の消耗が激しいので,有機物は毎年施用しましょう。
 樹勢が弱っている園では,計画的に客土を行いましょう。(10アール当6~8トン)

 

2 病害虫防除
 かいよう病,ミカンハダニの防除を行いましょう。
 かいよう病防除の薬剤散布は,多雨や台風来襲の前に散布しましょう。
 ICボルドーと他薬剤散布間隔に注意しましょう。
  (例)ICボルドー ←→ マシン油  14日以上

 

3 基肥
 11月にチッソ成分で10アール当たり9.1キログラム施用しましょう。

 

 

【無加温】

1 基肥
 10月上旬にチッソ成分で10アール当たり9.1キログラム施用しましょう。

 

2 病害虫防除
 かいよう病の防除を行いましょう。
 かいよう病防除の薬剤散布は,多雨や台風来襲の前に散布しましょう。

 

お問い合わせ

阿南農業支援センター
電話:0884-24-4186
ファクシミリ:0884-24-4308