ゆず栽培の11月の管理について

ゆず栽培の11月の管理について

2016年11月1日

 

1】果実の収穫      
 収穫は、傷つけないように2度切りし、丁寧に取り扱いましょう(雨、露を避けましょう)。  

 

 

【2】長期貯蔵技術マニュアル

 (1)貯蔵用果実の形態(浮皮がなく硬くて、こはん症のない果実を選びましょう)       

  果実重量が120g前後のものを選びましょう。                                    
   1.常温予措する場合は4分から7分着色果を10月中旬~11月中旬に収穫しましょう。   

   2.高温予措する場合は4分以上着色果を10月下旬~11月上旬に収穫しましょう。  

    (注意)上記規格外果実は冬至用として短期貯蔵しましょう。
    (予措方法は長期貯蔵果実の予措方法と同じで予措率3%にしましょう)
   高温予措する果実は収穫後直ちに予措機に入れましょう。   

 
 (2)予措方法
   1.常温予措(5%以上)は、風通しの良いところで2段並べて行いましょう。            
   2.高温予措(6~8%)は、高温予措機を室温30℃、湿度50~60%にセットし、3日間

     行いましょう。

   高温予措終了後は、1晩外気温に馴らした後、貯蔵庫に入れましょう。

 

 (3)貯蔵温度
   庫内温度は年内は5℃、年明け後は3℃にしましょう。

 

 (4)貯蔵湿度
   庫内湿度は80~85%にしましょう(湿度が高いと水腐れ症の発生が多い)。

 


関連ワード

お問い合わせ

阿南農業支援センター
電話:0884-24-4187
ファクシミリ:0884-24-4308