レタス 1月の管理について

レタス 1月の管理について

2016年1月4日

1 育苗
 ・春どり品種を計画的には種する。
 ・育苗前期は15~21℃の適温に管理し,定植の5~7日前には外気温に近づけ馴化を行う。

 ・ベと病の予防散布や初期防除を行い,また育苗ハウスの換気に努める。

 

2 本ぽ
 ・外葉形成期に乾燥が続くときは,暖かい日の午前中に畝間かん水を行う。

 ・トンネルの温度管理

   外葉形成期:20~25℃

   結球開始期:20℃

   結球期:20℃

   収穫直前:20℃

 ・これからトンネルを被覆する場合には,被覆前には病害虫の防除を行う。また降雨が続く時には,べと病の発生が多くなるので予防散布や初期防除を行い,トンネル換気に努める。

関連ワード

お問い合わせ

吉野川農業支援センター
吉野川ブランド推進担当
電話:0883-26-3983