ハウスすだち栽培の2月の管理について

ハウスすだち栽培の2月の管理について

2017年2月1日

  

【12月加温栽培】

 
1 温度管理
 最高28℃・最低17℃を基準としましょう。
 生理落果終了後は最高28℃・最低20℃としましょう。

 

2 かん水
 かん水は,生理落果が終わり果実肥大が始まれば,7~10日間隔で10アール当たり20トンを基準に行いましょう。
 かん水は晴天の日の午前中に行いましょう。

 

3 病害虫防除
 灰色かび病防止のため,換気時に花弁を振り落としましょう。
 かいよう病防除の薬剤散布を行いましょう。

 チャノホコリダニ・ミカンハダニ防除の薬剤散布を行いましょう。
 ハスモンヨトウ,コナカイガラムシの発生に注意し,発生園では薬剤散布を行いましょう。

 

 
【無加温】

 

1 ビニール被覆
 保温のため二重被覆としましょう。

 

2 温度管理
 ハウス内の最高気温は25℃までとします。最低気温はマイナスにならないようにしましょう。

 

3 かん水
 かん水は,7~10日間隔で10アール当たり20トンを基準に行いましょう。
 かん水は晴天の日の午前中に行いましょう。

 

お問い合わせ

阿南農業支援センター
電話:0884-24-4186
ファクシミリ:0884-24-4308