ハウスすだち栽培の3月の管理について

ハウスすだち栽培の3月の管理について

2017年3月1日

 

 

 

【12月加温栽培】

 

1 温度管理
 生理落果終了後,最高28℃・最低20℃としましょう。
 日中の気温が高くなってくるので,最高気温に注意しましょう。

 

2 摘果・摘葉
 大玉果を生産するために,小玉果,密着果,傷害果,奇形果などの摘果を徹底しましょう。果実に密着している葉は,摘葉しましょう。ただし、過度にしないようにしてください。

 

3 かん水
 7~10日間隔で10アール当たり20トンを基準に,晴天の日の午前中に行いましょう。

 

4 病害虫防除
 かいよう病発生園では,果実が小豆大までに薬剤散布を行いましょう。
 ミカンハダニ防除は、薬剤散布の適期を逃さず行いましょう。
 アザミウマ類発生園では,薬剤散布を行いましょう。

 

5 追肥
 3月下旬に,10アール当たりチッソ成分6.3キログラムを施用しましょう。

 

 

 
【無加温栽培】

 

1 温度管理
 発芽後の最高気温は30℃までに抑え、充実した花等の成長を促しましょう。温度が高くなりすぎると生育が阻害されるので,換気に注意しましょう。
 最低気温はなるべく高く保つようにしましょう。

 

2 かん水
 7~10日間隔で10アール当たり20トンを基準に,晴天の日の午前中に行いましょう。

 

3 病害虫防除
 そうか病,かいよう病,アブラムシ類の防除を適期に行いましょう。
 そうか病は,発芽期の早期防除が大切です。

 

お問い合わせ

阿南農業支援センター
電話:0884-24-4186
ファクシミリ:0884-24-4308