トマト及びミニトマト(夏秋) 7月の管理について

トマト及びミニトマト(夏秋) 7月の管理について

2016年6月28日

~暑さ対策の徹底~

 トマトの生育適温は昼間20~25℃、夜間12℃前後です。
 

 

○遮光資材の利用

 寒冷紗(遮光率50%)等、日光の通過を抑える資材を利用しハウス内の昇温を抑制しましょう。

 

○換気の徹底

 換気扇及び循環扇を利用して、ハウス内における高温の空気の滞留を防止しましょう。

 

○敷物等の利用

 夏は地温が上昇し、青枯病が発生しやすい条件になっています。

 高密度ポリエチレン不織布(タイベック)によるマルチは、地温を下げる効果が高くなります。

 また、稲ワラを敷くと、裸地と比較して地温が低く抑えられます。

 

 

関連ワード

お問い合わせ

吉野川農業支援センター
吉野川ブランド推進担当
電話:0883-26-3983