トマト及びミニトマト(夏秋) 8月の管理について

トマト及びミニトマト(夏秋) 8月の管理について

2016年8月9日

 トマトにとって、高温は大敵です。樹勢の低下だけでなく、強い日射により裂果や着色不良が起こる場合もあります。

 

 

○高温対策

1 遮光

 寒冷紗等で遮光(25~50%程度)を行いましょう。ただし、曇雨天の日に晴天日と同じように遮光すると収量が低下することがあるので、天候に応じて遮光資材を展張・収納してください。

 

2 乾燥対策

 畝間の通路に敷わら等をすると、乾燥防止になります。マルチ上にも敷わらをすると、地温上昇の抑制が同時に図れます。

 

 

○一般管理

 ・曇雨天の前日や当日には、灌水をしないように。水分過剰による裂果などの原因になります。

 ・一果房当たりの着果数は、大玉で5~6果、ミニトマトで40果前後が目安です。

関連ワード

お問い合わせ

吉野川農業支援センター
吉野川ブランド推進担当
電話:0883-26-3983