露地すだち 11月~2月の管理について

露地すだち 11月~2月の管理について

2016年11月2日

【11月~12月】

1.土づくり

 堆肥を10a当たり2トンを目標に施し,中耕しましょう。

 堆肥投入が難しい園では,刈草や稲わらを樹幹下に敷き,乾燥防止や土づくりに努めましょう。

 

【12月~1月】

1.カイガラムシ類・ミカンハダニの防除

 マシン油で防除しましょう。 
2.土壌酸度の矯正
 園地の土壌分析を行い,苦土石灰等を施用して土壌酸度を適正に保ちましょう。

 

【1~2月】

1.苗木定植準備

 3~4月苗木定植に向けて,堆肥、石灰質資材、ようりん等を適期に施用し、植え穴準備をしておきましょう。
 老木や不良系統は優良系統の若木に更新しましょう。
 長期貯蔵には若木で収穫される勢いのある果実が適していますので、苗木の準備をしておきましょう。

2.施肥

 2月中旬~3月上旬に10a当たり成分量で,チッソ7kg,リン酸4.2kg,カリ5.6kgを施用しましょう。

お問い合わせ

徳島農業支援センター
農業支援第一担当,徳島ブランド推進担当
電話:088-626-8771
ファクシミリ:088-626-8739