トマト及びミニトマト(夏秋) 9月の管理について

トマト及びミニトマト(夏秋) 9月の管理について

2017年9月4日

 老化葉や病害葉など,不要な葉やわき芽は早めに取り除きましょう。着果が多くなりやすい品種では,不要な花や果実も早めに取り除きましょう。

 

 かん水用の水が十分確保できない場合は,蒸散の少ない夜間にかん水します。

 

 黄化葉巻病の発生を防ぐため,引き続きコナジラミ類の防除を行ってください。

 

 日照不足等で樹勢の弱い場合は,摘葉は控えめにして,わき芽は早めに取りのぞき,着果数を少なめにして,液肥の葉面散布等によって回復を図るようにしてください。

 

 9月後半になり気温が下がってくると,疫病やうどんこ病が発生しやすくなります。早めの防除を心がけましょう。

関連ワード

お問い合わせ

吉野川農業支援センター
吉野川ブランド推進担当
電話:0883-26-3983