なす(夏秋) 11月の管理について

なす(夏秋) 11月の管理について

2017年11月2日

 収穫期が終了したら,早めに株元から切り取り,畑から残さを除去します。

 

 終了後の除去が遅くなるほど,時期作での病害虫の発生増加につながる恐れがあります。

 

 また,促成ナスを夏秋ナスの近隣ほ場で栽培する場合には,ハウス内への害虫の飛び込みが増加する場合があるので,素早く適切に処理しましょう。

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

吉野川農業支援センター
吉野川ブランド推進担当
電話:0883-26-3981