とくしま消費者のつどい(平成26年2月1日開催)

とくしま消費者のつどい 

130名の方にご参加いただきました。 

1 日時 平成26年2月1日(土) 10:00~12:00

2 場所 ホテルサンシャイン徳島 アネックス館 3階「鳳凰」

3 主催 徳島県・NPO法人徳島県消費者協会、協力 四国大学

4 概要 

(1)「消費生活コーディネーター」認定式

 平成26年2月1日付けで15名の方が「消費生活コーディネーター」として知事から認定され、代表者が今後の活動に向けて、「消費者活動に主体的に取り組み、「安全・安心実感とくしま」の実現に貢献してまいります」と力強く誓いの言葉を述べられました。

   H25消費者のつどい(認定式).JPG 
(2)体当たり啓発セレクション

 ①紙芝居「気をつけよう!うまい話とあまい罠」(平成25年度消費者大学校大学院卒業生)

 このところ、もっとも被害が大きくなっている金融商品取引名目詐欺を取り上げ、劇場型勧誘による買え買え詐欺(未公開株の投資詐欺)の手口を紙芝居で分かりやすく説明していただきました。

・A社、B社から「南アフリカで鉱物資源を開発しているC社の未公開株のパンフレットが届いていないか?」という電話がかかってくる。

・「株式は上場間近で、現在、一口10万円だが、上場されると3倍の値がつく」

・「パンフレットが届いている人しか買えないので、代わりに買ってほしい。高値で買い取る」

・未公開株を購入しお金を払い、高値で買い取ってもらおうとA社、B社に電話するが電話がつながらない。

・その後、「損したお金を取り戻しませんか」と電話がかかってくるようになり、二次被害に遭ってしまう。

   H25消費者のつどい(紙芝居).JPG   

 ②寸劇「たらちゃんのお留守番」(東みよし町消費者協会)

 高齢者宅を狙う点検商法の手口を、小道具や衣装を使用した寸劇で分かりやすく演じていただきました。

【登場人物】おばあちゃん、ひいおばあちゃん、たらちゃん、訪問販売業者

 業者が家に訪問し、排水口の無料点検をするという。無料ならしてほしいと答えたら、業者の一人が道具を取りに帰った。作業前に無料であることを確認すると、点検は無料だが、作業は有料という。有料ならいらないと断ると、業者に「掃除してくれと言ったのはそっちだろ」と言いがかりをつけられる。たらちゃんが、おばあちゃんを呼んできて、「無料だと言った」「帰ってください!」と押し問答の末、やっと業者は帰った。訪問販売業者が来たら、返事をする前に、周りの人に相談しましょう。  

   H26消費者のつどい(寸劇).JPG    

 ③漫才「日常にひそむ危険」(つるぎ町消費者協会)

 近年、増加している電話勧誘販売による消費者被害について、「健康食品の送り付け商法」をテーマに、笑いを交えながら、分かりやすくお話しいただきました。  

 健康食品の電話勧誘販売業者から、電話がかかってきて、「ご注文いただいた健康食品をお送りしますので、12万円お支払いください」と言われる。「注文していない商品に12万円も支払えない」と言うと、「支払わないんだったら、法的措置をとる」と脅される。「12万円払えないんだったら、2万円でもいい」と言われ、承諾してしまう。また、長電話をしたので個人情報をいろいろ聞き出され、業者に販売の口実を与えてしまった。勧誘の電話がかかってきたら、近所の人、消費者協会、役場、警察などに相談しましょう。合い言葉「1に用心、2に警戒、3,4がなくて、5に相談」

    H25消費者のつどい(漫才).JPG

 ④四国大学生による感想・意見発表

 四国大学の学生の皆さんに、啓発を見ての感想や意見を発表していただきました。

・絵や劇で分かりやすく勉強できた。

・楽しく学べた。周りの人との連携が大事だと感じた。

・とても分かりやすくて、みんなに見せてあげたいと思った。

・自身や周囲の人が被害を受けていないので、消費者被害は遠いものだと思っていたが、啓発を見て身近なものであることが分かった。周りの人に伝えていきたいと思った。

 H25消費者のつどい(四国大学).JPG

⑤落語「ある日のうめさん」(浜遊亭美波 氏) 

 東京都消費生活啓発員の浜遊亭美波氏をゲストとしてお迎えし、素晴らしい話術で啓発落語を御披露いただきました。

 仏壇の前で亡くなった旦那さんに話しかけるうめさんをいろいろな人が訪ねてくる。

・羽毛布団の訪問販売・・・布団にダニがわいていて体に悪いといって、高額な羽毛布団の購入を勧めてくる。今、お金がなくても、分割払いにすればいいといって、分割払いの書類にサインさせられる。

・床下の点検商法・・・無料だと言って床下を点検する。薬剤を散布しているのでシロアリはいないが、持参したシロアリがついた棒を見せて、シロアリがわいていると言って、薬を散布するように勧めてくる。次々販売。

・外壁工事の訪問販売・・・訪問してきた業者に今日はいろいろ人が来ると言うと、羽毛布団や床下の点検は悪質商法だから、消費生活センターに相談し、クーリング・オフするように言われた。その代わり、自分の外壁工事の契約を契約するように頼まれるが、人の良いうめさんも今度は断った。

  H25消費者のつどい(落語).JPG

(3)くらしに役立つミニセミナー

 ①食品表示の正しい見方(徳島県安全衛生課)

 ②消費税率の引上げとそれに伴う対応(財務省徳島財務事務所)