平成23年11月10日調査分

平成23年11月調査表

コメント

生鮮食品

適度な降雨と気温が高めに推移したことから市場入荷量は増加し、価格は前年に比べ安値となった。
本県の野菜は台風の影響により、植え直しや定植作業に遅れが見られたものの、ほぼ前年並みの出荷となっている。
今後も出荷量が減少することはなく、価格は安定する見込み。

米・加工品・日用雑貨・燃料

米、小麦粉、洗濯用洗剤はやや高値で推移しているが、その他の加工品、日用雑貨においては地域によって価格差はあるものの大きな変動はなかった。
燃料は全体的に値下がり気味で、今後もしばらくは続く見込み。