平成25年6月10日調査分

平成25年6月10日調査分.png

コメント

○生鮮食品

 降雨少なく干ばつの影響から夏野菜の生育が遅れるなど、入荷量は前年に比べ減少しており、品目に

よっては品薄高となっている。

 今後は、台風4号などによるまとまった降雨で水不足も解消し、生育回復による入荷量の増加が予想

され、価格は落ち着くものと見込まれる。

○米・加工品・日用雑貨・燃料

 加工品・日用品については、地域により小幅な変動は見られるものの、大幅な変動は見られなかった。

燃料については、プロパンガス以外でやや値下がりぎみで推移しているが、今後は原油価格が上昇して

いるため、高値で推移すると見られる。