平成25年7月10日調査分

平成25年7月10日調査分

コメント

生鮮食品

 四国地方では平年に比べて梅雨明けが早く、育成は回復傾向にあり出荷量も増加した。

 今後、夏秋野菜は東北産地への切り替えがすすむも、天候不順の影響による育成遅れから

入荷量の減少が予想され、価格は低迷した前年に比べ高値で推移する見込み。

米・加工品・日用雑貨・燃料

 加工品・日用雑貨については、円安等の影響により牛乳、小麦粉、食パンがやや値上がり

ぎみであるが、その他の品物については大きく変動はない模様である。

 燃料については、ガソリン、軽油が高値で推移しており、今後もしばらくは続く見込み。

お問い合わせ

県民くらし安全局安全衛生課
生活安全室 消費生活担当
電話 :088-621-2175