平成25年8月10日調査分

平成25年8月10日調査分                                                       

 

コメント

生鮮食品

 

果菜類は、遅れていた東北産の生育が回復し、潤沢な入荷が続き価格は安定している。

一方、8月に入ってからの高温と干ばつの影響による生育鈍化も発生し、今後は

「キャベツ」など入荷不安定となる品目が多く、価格の上昇が予想される。

 

米・加工品・日用雑貨・燃料

 

加工品・日用雑貨については、地域により小幅な変動はみられるものの、大幅な変動は

見られなかった。

燃料については、全品目で値上がりぎみで今後も高値のままで推移するものと見られる。