平成25年12月10日調査分

平成25年12月10日調査分.png

 

○ 生鮮食品

 

 気温低下の影響から肥大不足等により全般に育成が遅れ、出荷量の回復は

穏やかで、価格も高値を維持している。

 今後も入荷量は大きく増えず、品薄感から価格は堅調に推移する見込み。

 

○ 米・加工品・日用雑貨・燃料

 

 加工品・日用雑貨については、しょうゆがやや値上がりぎみでその他の

品目については、大きな変動はない模様である。

 燃料については、全体的に値上がりぎみで今後も高値で推移する見込み。