平成26年1月10日調査分

平成26年1月10日調査分.jpg                    

 

コメント

 

○生鮮食品

 

 年末年始の気温が高めに推移したことから、一時的に入荷は回復し、

年末までの高値の反動もあり価格を下げた。

 購買意欲が弱く荷動きは鈍いものの、寒波の影響から出荷量が伸びず

全般に価格は堅調に推移する見込み。

 

○米・加工品・日用雑貨・燃料

 

 加工品・日用雑貨については、しょうゆ以外の品目で小幅ではあるが

全体的に値上がりぎみで推移している。

 燃料については、前月に引き続き高値で推移しており、しばらくは

このまま高値が続く見込み。