平成26年7月10日調査分

平成26年7月10日調査分.png

 

コメント

 

○生鮮食品

 

 台風の影響は少なかったものの、その後の高温により葉菜類など

一部の品目で品質低下が見られ入荷量は減少した。

 今後は、夏秋産地からの入荷が本格化することから、安定的な出荷が

予想され単価安の傾向が続くものと見込まれる。

 

○加工品・日用雑貨・燃料

 

 加工品・日用雑貨については、地域や品目により小幅な価格の変動は

見られるものの、大幅な変動は見られなかった。

 燃料については、原油価格の高騰が続いており、小売価格も高値のまま

推移している。

 今後も、しばらくはこのような状況が続く見込みである。