平成27年6月10日調査分

平成27年6月10調査分.png

 

コメント

 

○生鮮食品

 

 干ばつの影響で遅れていた生育も回復し、出荷量も増加傾向で

価格は下がっている。

 今後は、後続産地へと切り替わり入荷量増が見込まれるものの、

梅雨明けが、遅れれば出荷の遅れや病害の発生が心配される。

 

○加工品・日用雑貨・燃料

 

 加工品・日用雑貨については、地域により小幅な変動は見られ

るものの、大幅な価格の変動は見られなかった。

 燃料については、前月ほどの変動は見られず、ほぼ横ばいで

推移しており、大幅な価格の変動は見られなかった。