平成27年12月10日調査分

平成27年12月10日調査分.png

 

コメント

 

○生鮮食品

 

 気温高く生育が前進し、葉物野菜を中心に潤沢な出荷が続き、

鍋物需要も振るわず安値が続いている。

 今後は、前進出荷と冷え込み影響から出荷量の減少が予想され、

価格は堅調に推移する見込み。

 

○加工品・日用雑貨・燃料

 

 加工品・食料品については、地域により小幅な価格の変動は見られるものの

大幅な変動は見られなかった。

 燃料については、プロパンガス以外は、地域により小幅に値下がり傾向が

見受けられた。

 米・小麦類はほぼ横ばいで推移しており大きな変動は見られなかった。