平成28年1月10日調査分

平成28年1月10日調査分 (2).png

 

 

 

コメント

 

○生鮮食品

 

 暖冬の影響から冬野菜の消費は落ち込んでいたが、中旬頃からの

厳しい寒波と積雪による収穫作業の遅れ、生育前進の反動により

 入荷量が不足し品薄となったことから、価格は上昇した。

 今後は、天候の回復にあわせ出荷量、価格ともに安定する見込み。

 

○加工品・日用雑貨・燃料

 

 加工品・食料品については、地域により小幅な価格の変動は見られる

ものの、大幅な価格の変動は見られなかった。

 燃料については、地域により小幅に値下がり傾向が見受けられた。

米・小麦類は、ほぼ横ばいで推移しており大きな変動は見られなかった。