平成28年5月10日調査分

 

平成28年5月10日調査分.png

 

 

コメント

 

○生鮮食品

 

 前進出荷の影響で入荷量大きく伸びず品薄となり堅調に推移した。

  今後は、後続産地からの増量が見込まれ、売り込みが活発化し

 値頃感を持った販売が期待される。

 

○加工品・日用雑貨・燃料

 

 加工品・食料品については、地域により小幅な価格の変動は見られる

ものの、大幅な変動は見られなかった。

 燃料については、地域により小幅に値上がり傾向が見られる。

米・小麦類はほぼ横ばいで推移しており大きな変動は見られなかった。