平成28年6月10日調査分

平成28年6月10日調査分.png

 

コメント

 

○生鮮食品

 

 タマネギは九州や兵庫の主要産地で病害多発し

不作となり品薄高く、その他の品目は全般的に入荷量の

大きな増減無く、安定した価格で推移した。

 今後は、各品目で後続産地との切り替わりにより

入荷が不安定となり、価格は堅調に推移する見込み。

 

○加工品・日用雑貨・燃料

 

 加工品・食料品については、地域により小幅な価格の変動は見られる

ものの、大幅な変動は見られなかった。

 燃料については、地域により小幅に値上がり傾向が見られる。

米・小麦類はほぼ横ばいで推移しており大きな変動は見られなかった。