平成28年7月10日調査分

平成28年7月10日調査分.png

 

 

 コメント

 

○生鮮食品

 

 全般に生育前進し、入荷量が回復したことから価格を下げた。

  今後は、気温上昇により入荷は増加するものの、暑さによる

 消費意欲の減退など厳しい販売環境が続く見込み。

 

○加工品・日用雑貨・燃料

 

 加工品・食料品については、地域により小幅な価格の変動は見られれる

ものの大幅な変動は見られなかった。

 燃料については、地域により小幅に値上がり傾向がみられる。

米・小麦はほぼ横ばいで推移し大きな変動は見られなかった。