平成29年8月10日調査分

平成29年8月10日調査分.png

 

 

◎コメント

 

○生鮮食品            

  天候に恵まれ各産地からの潤沢な入荷から一転、東日本の低温と日照不足や、

  西日本の台風被害とその後の猛暑の影響から全国的に品薄となった。

  今後は、天候不順による生育遅れが回復するまでは入荷安定せず高値で推移

  する見込み。

 

○加工品・日用雑貨・燃料

  加工品・日用雑貨品については、地域により小幅な価格の変動は見られるものの

  大幅な変動は見られなかった。

  燃料については、地域により値下がり傾向が見られる。

  米・小麦はほ横ばいで推移し大きな価格の変動は見られなかった。