相談状況

徳島県消費者情報センターで受け付けた相談の状況

  平成29年4月~12月の相談受付状況をまとめました。

 

(概要)

 

 

全相談件数は2,184件で前年同期に比べて70件減少しました

                  (対前年同期比96.9%)   

 

 

・商品役務別では、インターネット関連のトラブル「デジタルコンテンツ」に関する相談が1位で377件ありました。続く2位は商品を特定できない「商品一般」で、339件と1位にせまる数字となりました。

 これは、ハガキによる架空請求が増加したためと考えられます。

 ハガキには、未納料金があると書かれていますが、何に対する未納料金なのかが書かれておらず、商品が特定できないためです。

 

・架空請求に関する相談が537件で(前年同期146件)、前年同期に比べて

 3倍以上の大幅増となりました。

 特に、ハガキによる架空請求が10月以降急増しました。