畜産研究課は、21世紀の徳島の畜産をリードする研究拠点として、乳牛・肉牛・豚・鶏及び飼料等を研究対象として、家畜の育種改良や繁殖・肥育・育成等生産技術、環境保全及び飼料生産利用技術の他、バイオテクノロジーをはじめとする畜産先端技術やICTを取り入れた様々な試験研究を取り入れた様々な試験研究を推進し、研究会や情報提供により経営技術の普及を図り、畜産経営と新鮮で美味しい牛乳や「阿波牛」「阿波ポーク」「阿波尾鶏」など徳島の畜産物の生産を支援します。