各担当業務内容

酪農・肉牛担当

酪農・肉牛担当

酪農・肉牛担当では,乳牛,肉牛の改良及び増産を効率的に促進するため,受精卵の採卵,移植,凍結保存,体外授精,経膣採卵,雌雄産み分け等のバイオテクノロジー技術の開発や,新技術の普及・実用化に取り組んでいます。

また,西南暖地に位置する徳島県の気候環境に適した乳牛の飼養管理技術や阿波牛増産のための繁殖管理技術及び哺育・育成技術に関する試験研究を行っています。


養豚担当

養豚担当

養豚担当では、本県銘柄豚「阿波ポーク」のブランド確立に努めています。繁殖基豚「アワヨーク」の安定供給に関する研究、飼養管理面からブランドの確立を支援する研究、DNAマーカー選抜技術を応用した種畜の改良に関する研究に取り組んでいます。



養鶏担当

養鶏担当

養鶏担当は、徳島県養鶏産業の発展を支援する研究スタッフです。これまでに、徳島県の特産鶏「阿波尾鶏」を開発しました。鶏の生産性向上技術や生産物の高品質化技術について、育種改良から、飼養管理、栄養飼料、衛生、加工まで幅広い研究課題に取り組んでいます。最近では、新しい鶏胸肉の加工品や鶏舎光線管理技術も開発しました。



飼料環境担当

飼料環境担当

飼料部門では、飼料作物の栽培・調整・貯蔵等に関する試験研究を行い、自給飼料の生産性及び品質向上の技術研究を行っています。また、粗飼料の栄養評価の分析を行い、家畜への適性給与指導へのデーター提供を行っています。

環境部門は、家畜ふん尿処理に関する試験研究に取り組み、畜産経営における環境改善及び技術指導を行っています。また、ふん尿堆肥を有機質資材として有効活用するための堆肥のの効果、成分分析を行っています。