養豚養鶏担当の業務紹介(養鶏・本所) 

養鶏担当は,徳島県養鶏産業の発展を支援する研究スタッフです。これまでに,徳島県の特産鶏「阿波尾鶏」を開発しました。

安全高品質な鶏卵・鶏肉の生産技術について,育種改良から,飼養管理,栄養飼料,衛生,加工まで幅広い研究課題に取り組んでいます。最近では,新しい鶏胸肉の加工品も開発しました。

鶏卵肉の高品質化

鶏胸肉の削り節

【開発した「鶏胸肉の削り節】

(1)鶏胸肉の消費拡大対策

熟成による鶏胸肉の高品質化技術、及び鶏胸肉の新しい加工品開発などに取り組んでいます。

(2)高品質鶏卵・鶏用生産技術

風味改善・機能性成分強化など消費者ニーズに対応した特徴ある鶏卵・鶏肉の生産技術開発に取り組んでいます。

卵用鶏・肉用鶏の飼養管理技術

卵用鶏

(1)産卵能力改善試験

卵用鶏の鶏卵生産性向上を図るため、点灯管理や栄養水準などの飼養管理技術を研究しています。

(2)ブロイラーの産肉能力試験

県内流通するブロイラー銘柄の性能を調査しています。過去20年間のデータが把握できます。

(3)衛生管理改善試験

暑熱対策やワクチン効果調査など衛生管理に関する試験を実施しています。

自然免疫賦活に基づくブロイラー耐病性獲得飼料の開発

ひよこ

自然免疫賦活に基づく耐病性獲得飼料(原料:小麦共生細菌由来糖脂質)の製造を目指します。

その結果,ブロイラーの無薬飼育,安全安心な鶏肉生産が期待できます。

阿波尾鶏の安定生産確保事業

阿波尾鳥

阿波尾鶏の品質を維持し、今後とも徳島県の特産物として安定生産していくため、原々種鶏群の能力向上・系統確保、及び遺伝子源の保存を行っています。

※PDFをご覧になるには、Acrobat Readerが必要です。