阿波尾鶏物語

阿波尾鶏物語-開発からブランド確立まで-

第1回 開発コンセプトとネーミング

徳島県立農林水産総合技術センター畜産研究所

養豚養鶏担当 専門研究員兼科長 澤 則之

はじめに

「阿波尾鶏」は、徳島県内で古くから飼育されていた大型で肉質がよく強健な軍鶏を県畜産試験場(現在、農林水産総合技術センター畜産研究所)において10年間改良育種し、昭和63年に作出された軍鶏(阿波地鶏)雄をホワイトプリマスロック種鶏雌に交配した肉用鶏です。

徳島県の夏最大のイベントである“阿波踊り”の強烈なエネルギーと健康的な躍動感で力強さみなぎる郷土色豊かな鶏という意味をこめ、その尾羽の美しい姿をイメージさせて命名されました。 阿波尾鶏の特徴は、鶏肉中のうま味成分であるアスパラギン酸、グルタミン酸を多く含有することから大変美味しく、肉質は、身が締まり、かみしめが良く、且つ歯ごたえがとても良く、鮮度が長持ちします。また、肉の熟成度が高いため、冷凍・解凍してもドリップが少なく、品質が劣化しない等の特徴があげられます。 当研究所における阿波尾鶏の開発と阿波尾鶏の生産・販売組織及び「地鶏肉」特定JAS認定に至るまでの取り組み状況について紹介します。

徳島県の養鶏産業

徳島県は、古くから大阪への食鶏供給地として有名で、明治時代から大阪港荷揚げ場所周辺の生鳥問屋へ昭和30年代まで、県内で集荷された食鶏を生体のまま海路で搬入され、大阪市場で高値で取り引きされていたと言われています。こうした伝統から、ブロイラーの生産にも先発し、全国生産羽数の4%台を維持しています。(表1)

県内4処理場の熱心な事業家により、中山間地域の小規模生産者を維持しながら発展してきました。ブロイラーの全国一戸当たり平均飼養羽数は、36,400羽であり、徳島県は、16,416羽と全国平均の45%であり、徳島県のブロイラー生産者293戸のうち60%を占める180戸は、年間出荷羽数5万羽未満の小規模生産者です。 徳島県のブロイラー生産は、旧態、後進的と見ることもできますが、逆に言えば、現在まで維持されてきた小規模生産者を生かす方策として、本県生産の特色を生かした高品質で、安全な肉用鶏生産と鶏肉供給の体制を強化することで、徳島県の養鶏産業を活性化することになります。

(表1) 徳島県のブロイラー出荷数の推移
年次 年間出荷羽数 全国シェア
昭和45年 15,142 千羽 4.9%
昭和50年 17,752 千羽 4.1%
昭和55年 25,352 千羽 4.1%
昭和60年 30,570 千羽 4.2%
平成 2年 30,642 千羽 4.3%
平成 7年 24,871 千羽 4.1%
平成12年 20,295 千羽 3.6%

阿波尾鶏の開発

阿波尾鶏の開発は、昭和40年代後半頃からブラジルなどから大量に鶏肉が輸入されるようになり、国内の養鶏産業は大打撃を受け、当時の徳島県養鶏協会会長が『このままではあかん、昔みたいな美味しい鶏はできんか。』と畜産研究所(当時養鶏試験場:写真1・2)へ相談したのが始まりであります。

現在もなお、徳島県の山間部に昔から継承されてきた赤笹(赤褐羽色)軍鶏が飼育されていますが、畜産研究所では、これら伝承鶏が90日齢前後で肉味佳良となることに着目し、昭和53年度から純粋繁殖を繰り返し優良種を改良固定しました(写真3)。 しかし軍鶏の純系は、晩熟で産卵数が少なく、純粋種のままではコスト面で実用化に向かず、当時から「名古屋コーチン」「比内地鶏」などの地鶏が全国に名を轟かせており、後発組がこれら地鶏に押しつぶされると考えられ、全国のマーケット調査を実施し、末端販売価格を設定することにより、新たな地鶏を開発することとなりました。

改良固定した軍鶏の雄にブロイラー専用種の「ホワイトプリマスロック」を交配を繰り返す相性検定を実施し、飼養試験や肉質調査の結果、80~85日齢で出荷できる鶏に仕上がったのです。 その肉質は、身が締まって適度な歯ごたえがあり、脂肪が少なく旨味とコクがあり、肉色も適度な赤身を帯びており、旨味成分であるアスパラギン酸やグルタミン酸の含有量が多いのが特徴で、二十代の若い年代にも受け入れられる地鶏肉としてできあがりました。 素晴らしい鶏としてできあがったのですが、後発組が販売促進するにはインパクトの強い名前が必要と考えられ、畜産研究所の職員が、尾羽の綺麗な鶏と躍動感あふれる鶏をイメージし、徳島県のエネルギッシュな踊り「阿波踊り」とかけて「阿波尾鶏」と駄洒落で呼んだのがきっかけで、当時の畜産課長が『ほれはおもしろい、ほれでいこ』と決定しました。

養鶏試験場

【(写真1)養鶏試験場】

養鶏試験場鶏舎全景

【(写真2)養鶏試験場】

阿波地鶏

【(写真3)阿波地鶏(軍鶏)】