現在、県内産地を取り巻く状況は、生産者の高齢化、担い手不足、生産資材や燃油の高騰など様々な課題を抱えています。経営研究課では、各産地を代表する優良経営体等の調査を通して、安定的な経営に至る経緯と発展の要因等を探り、目標となる経営モデルを構築し提案するとともに、農作業の省力化および機械化などの研究に取り組んでいます。