平成25年の4月に組織再編に伴い新しく組織された「農産園芸研究課」は、これまで農業研究所、果樹研究所、森林林業研究所が行ってきた栽培研究に関する分野を担当しております。課内には、「作物キノコ」、「野菜花き」、「果樹」の3つの担当が設けられており、生産現場に即した新しい栽培技術の開発と、その普及に取り組んでおります。

本県の農林水産業は、多様な自然条件や、地勢的な特性などを活かした独自の産地形成を図り、「とくしまブランド」を生み出して来ましたが、今後とも、急激な経営環境の変化に対応した、本県ならではの生産振興を支える技術開発の他、将来を見据えた課題解決にも積極的に取り組んで参ります。なお、HPの内容充実と素早い情報提供に努めて参りますのでよろしくお願いします。