各担当業務内容

野菜・花き担当

本県特産の野菜類と花き類、及び中山間地域の重要な換金品目である山菜類について、増収や低コスト化など生産力を高める技術開発、とくしまブランド強化のための品質を高める技術開発、地球温暖化等気象変動に対応できる技術開発、優れた特性を持つオリジナル品種の育成などの試験研究を行っています。

果樹担当

果樹担当

本県果樹の振興を図るため、増収や省力化・低コスト化などの生産性を高める技術の開発、ブランド力を高めるため消費者ニーズにマッチした高品質な果実生産技術の開発や高品質なオリジナル品種の育成、地球温暖化などに対応した技術の開発に取り組んでいます。

作物・キノコ担当

作物担当

水稲を中心とした作物の振興を図るため、主要農作物(水稲、麦類、大豆)の県奨励品種の選定および原原種・原種の生産、品質向上や省力栽培技術の開発、雑草防除に関する試験取り組んでいます。

また、全国トップの生産量を誇る菌床シイタケ栽培を支える技術として,LED利用技術や栄養価の高いシイタケ栽培技術,キノコ害虫の防除技術の開発,さらにはホンシメジ栽培の低コスト化に取り組んでいます。