水産加工品の衛生検査および成分分析

水産研究課では、水産分野の6次産業化の推進のため、以下の検査・分析を承っております。

 ◆水産加工品の賞味期限、消費期限の設定や衛生管理のための細菌検査
 ◆栄養成分表示に必要なたんぱく質、脂質、灰分、ナトリウム等の成分分析
 ◆品質や保存性を評価する水分活性や塩分、水素イオン濃度の測定

検査・分析を御希望の方は下記まで御連絡ください。

 

検査・分析手数料一覧

項  目 検査・分析の内容 単位 手数料
衛生検査
一般生菌の測定

加工食品の賞味期限等の設定のため

一般生菌数を測定する

1件 1,980円
カビ又は酵母の測定

加工食品の賞味期限等の設定のため

カビ又は酵母の細胞数を測定する

1件

1項目

1,980円
大腸菌群の測定

加工食品の賞味期限等の設定のため

大腸菌群の菌数を測定する
1件 1,870円

腸炎ビブリオ菌や

黄色ブドウ球菌等、

その他の細菌の測定

食品の安全性や製造環境を評価する

ため、指標細菌数を測定する

1件

1項目

1,960円
レトルト食品の殺菌試験

レトルト食品が食品衛生法の基準に適合

していることを確認する

1件 6,100円
栄養成分表示のための成分分析
水分含量分析 常圧加熱乾燥法 1件 910円
たんぱく質含量分析 ケルダール法 1件 1,580円
脂質含量分析 エーテル抽出法 1件 1,580円
灰分含量分析 直接灰化法 1件 1,580円
ナトリウム含量分析 原子吸光光度法(灰化法) 1件

3,340円

品質評価のための測定・分析
水素イオン濃度の測定 PHメータによる測定 1件 610円
水分活性の測定 水分活性計(電気抵抗方式)による測定 1件 790円
食塩量 モール法 1件 910円

※水素イオン濃度および水分活性の測定は、水産研究所美波庁舎にお越しいただき御自身で測定いただくこともできます。

 

 依頼書.pdf(155KB)

 

 >>6次産業化研究室

 

お問い合わせ

農林水産総合技術支援センター水産研究課
海洋生産技術担当
電話:0884-77-1251